肝臓リピドーシスの発症と悪化で嘔吐、食事や飲水も不可能、体重…

Q&Aの詳細
回答受付中

質問の詳細
  • 困り事:長生き・介護 > 介護食と与え方 > ミックス(雑種)、その他短毛種
  • キーワード: 肝臓のトラブル キャットミルク
  • いつ?:13歳0ヶ月(2020年3月頃)
  • どのようなとき・どのような場所で?:場所を問わず
Q
肝臓リピドーシスの発症と悪化で嘔吐、食事や飲水も不可能、体重減少などで、皮下輸液、強制食餌などで体力維持が必要になった。

・どのようにして解決を試みましたか?
動物病院で診断と入院し、退院後も数日おきに通院しました。また、療養向けのキャットフードをシリンジにて強制食餌しました。水分補給は人間の小児むけのイオン水、飲む点滴とよばれるココナッツウォーターなども試しました。最終的にはキャットミルクの存在を知り、薄めてシリンジで与えました。

・その問題は解消されましたか?
はい

・解決された場合にはその方法を、されていない場合にはどのようなアドバイスがほしいかお答えください。
年齢も推定13歳以上だったというこことと、病気が治ったわけでなく進行を遅くなっただけですが、入院時にはもう手遅れと言われ、安楽死も提案されたほどですが、シリンジでの食餌で栄養と水分補給、サプリなどで数ヶ月して自力で食べれるようになり、7か月してから自力で水を飲めるまでになり、1年半長く生きることができました。 
ベストアンサーへのお礼 50ポイント
回答数 0
困っている・相談したいペットと飼い主さん
  • このQ&Aをシェアする →

あなたも回答して、困っている飼い主さんペットを
助けてあげてください!

関連するQ&A








あなたのペットにあった質問でない場合にはこちら
フリーワード検索