飼っていたシェットランドシープドッグが高齢になり、あるとき胸…

Q&Aの詳細
回答受付中

質問の詳細
  • 困り事:長生き・介護 > 寝たきり・床ずれ・皮膚炎 > シェットランド・シープドッグ
  • キーワード: 老化 腫瘍 皮膚炎 褥瘡 じゅくじゅく
  • いつ?:14歳0ヶ月(2029年4月頃)
  • どのようなとき・どのような場所で?:場所を問わず
Q
飼っていたシェットランドシープドッグが高齢になり、あるとき胸のあたりに大きな腫瘍ができました。腫瘍部分の皮膚の炎症ケアに難儀しました

・どのようにして解決を試みましたか?
まず、腫瘍の部分ですが、腫瘍があまりに大きくなったため、皮膚炎と、皮膚の裂傷、ジュクジュクの傷がひどい状態でした。浸出液が出てくるので、毎日傷のお手入れをしました。結局、腫瘍が大きくなったのに伴って腎機能が悪くなり亡くなりましたが、最後まで皮膚のケアは続けました。


・その問題は解消されましたか?
はい

・解決された場合にはその方法を、されていない場合にはどのようなアドバイスがほしいかお答えください。
主要部分のジュクジュクには、女性用の生理用ナプキンを当てると良いことがわかりました。ガーゼだと、傷にくっついてとても痛そうでしたが、ナプキンだとくっつくこともなく、しかも清潔&吸収力抜群なので、重宝しました。生理用ナプキンをあてたところにヘアバンドや、腹巻を当てて固定するとずれずに過ごせました。
ベストアンサーへのお礼 50ポイント
回答数 0
困っている・相談したいペットと飼い主さん
  • このQ&Aをシェアする →

あなたも回答して、困っている飼い主さんペットを
助けてあげてください!

関連するQ&A














あなたのペットにあった質問でない場合にはこちら
フリーワード検索