自宅内でのアクシデントでヘルニアになり、散歩に行く機会が減り…

Q&Aの詳細
回答受付中

質問の詳細
  • 困り事:長生き・介護 > 老化 > ミニチュア・ダックスフンド
  • キーワード: ヘルニア 食事がとれない リハビリ 散歩 環境づくり
  • いつ?:10歳0ヶ月(2017年4月頃)
  • どのようなとき・どのような場所で?:場所を問わず
Q
自宅内でのアクシデントでヘルニアになり、散歩に行く機会が減りそれに合わせて食事もうまく取れなくなった。

・どのようにして解決を試みましたか?
動物病院で相談し、食事がとれない原因がヘルニアで散歩が減ったことでなく、歯肉炎のためであると分かったので、食べやすい柔らかい食事に変えたところ少しづつ食べれるようになった。また、リハビリ程度に散歩も習慣化し徐々に以前のように歩けるようになった。

・その問題は解消されましたか?
はい

・解決された場合にはその方法を、されていない場合にはどのようなアドバイスがほしいかお答えください。
まずは、プロの意見を聞くのが一番。信頼できる行きつけの動物病院を持ち、常に困ったことを相談できる環境を整えておくこともペットと生活を共にすることの条件であると思う。あとは、ペットも人と同様、気持ちが体調に関係することもあると自覚し、気分転換や前向きな環境づくりが必要であることも解った。
ベストアンサーへのお礼 50ポイント
回答数 0
困っている・相談したいペットと飼い主さん
  • このQ&Aをシェアする →

あなたも回答して、困っている飼い主さんペットを
助けてあげてください!

関連するQ&A














あなたのペットにあった質問でない場合にはこちら
フリーワード検索