やはり犬も10歳以上になりますと、かなり身体のあちこちが傷…

Q&Aの詳細
回答受付中

質問の詳細
  • 困り事:病気・けが > 鼻やのど、呼吸器のトラブル > ポメラニアン
  • キーワード: 呼吸困難 気管虚脱 無駄吠え ストレス
  • いつ?:10歳3ヶ月(2018年7月頃)
  • どのようなとき・どのような場所で?:場所を問わず
Q
 やはり犬も10歳以上になりますと、かなり身体のあちこちが傷んでくるものです。

 見かけは可愛いですし、若いのですが、やはり検査の頻度も多くなり、ワクチン等も打つようになりました。

 薬も処方される回数が、かなり増えました。

 一番の悩みとしては、気管虚脱です。簡単にいうと呼吸困難です。

 十分な空気を取り入れらずに、困っております。

 このままではいけないので、薬で呼吸できるようにしております。

・どのようにして解決を試みましたか?
 ポメラニアンは、無駄吠えが多い犬種らしいのです。(獣医から教えられました。)

 よって、無駄に空気を吸ってしまい、肺やら喉を傷めて上記のような病気に掛かってしまう事が多いのです。

 そこで自分ができる事は、なるべくストレスを溜めさせないようにして、無駄吠えを防ぐようにしております。

 そして、当たり前ですが、薬は用法用量を守り服用させて、生活習慣をきちんと確立させて食事等もきちんとさせております。

 

・その問題は解消されましたか?
はい

・解決された場合にはその方法を、されていない場合にはどのようなアドバイスがほしいかお答えください。
 上記の行動によって、無駄吠えも減りましたし、ストレスも減ったようです。

 抜け毛も多かったのですが、抜け毛も少なくなり、薬を処方していれば、普通に生活する事ができております。

 ですが10歳を超えている犬なので、油断は禁物です。ちょっと異常を感じたら病院へ行くようにしております。
ベストアンサーへのお礼 50ポイント
回答数 0
困っている・相談したいペットと飼い主さん
  • このQ&Aをシェアする →

あなたも回答して、困っている飼い主さんペットを
助けてあげてください!

関連するQ&A














あなたのペットにあった質問でない場合にはこちら
フリーワード検索