飼っていたダルメシアンが11歳ぐらいの頃、散歩をしているとき…

Q&Aの詳細
回答受付中

質問の詳細
  • 困り事:病気・けが > 歩行困難や手足の異常 > ダルメシアン
  • キーワード: 歩行 ふらふら 歩行困難 シニア
  • いつ?:11歳1ヶ月(2012年8月頃)
  • どのようなとき・どのような場所で?:散歩中
Q
飼っていたダルメシアンが11歳ぐらいの頃、散歩をしているときに歩行の仕方がおかしくなりました。でも犬は吠えるわけでもなく、痛みを感じている様子もなかったです。今まで真っすぐ歩けていたのが、フラフラとするようになりました。明らかにおかしいと感じました。足を怪我したか、何かの病気だと疑いました。

・どのようにして解決を試みましたか?
定期的にワクチンを打ってもらっている獣医さんのところへ診察に連れていきました。レントゲンを撮ってもらい、触診もしてもらいましたが、原因が特定できないと言われました。
痛がっている様子もないので下手に薬を出すわけにもいかないといわれ、「加齢によるものではないでしょうか」というのが医師の見立てでした。

・その問題は解消されましたか?
いいえ

・解決された場合にはその方法を、されていない場合にはどのようなアドバイスがほしいかお答えください。
結局我が家の犬は、それを機会に弱っていき数年後に息を引き取りました。歩行困難ではありましたが、散歩させるのに支障はありませんでした。なぜ急に真っすぐ歩けなくなったのかが知りたいです。本当に加齢によるものだったのでしょうか。力の強い犬で毎日の散歩は大変でしたが、フラフラと歩く愛犬を見ていると心苦しかったです。散歩中かなり強引にリードを引っ張っていたのが原因じゃないかと思うのですが、実際どうなのでしょうか。訓練などで治るのならばどうすればよかったのでしょうか。
ベストアンサーへのお礼 50ポイント
回答数 0
困っている・相談したいペットと飼い主さん
  • このQ&Aをシェアする →

あなたも回答して、困っている飼い主さんペットを
助けてあげてください!

関連するQ&A












あなたのペットにあった質問でない場合にはこちら
フリーワード検索