高齢ということに加え、てんかんなどの疾患もあるため全身麻酔の…

Q&A検索 回答する
Q&Aの詳細
回答受付中

質問の詳細
  • 困り事:病気・けが > 歯や口のトラブル > ミニチュア・ダックスフンド
  • キーワード: 歯周病
  • いつ?:13歳5ヶ月(2019年5月頃)
  • どのようなとき・どのような場所で?:自宅で・食後、寝起き
Q
高齢ということに加え、てんかんなどの疾患もあるため全身麻酔のリスクを考えると歯石除去・抜歯などの積極的治療に踏み切れず、抗生剤やサプリなどを使った対処療法で過ごしてきましたが、ここ数年で歯周病が悪化してしまい…このまま対処療法を続けるか手術をした方が良いのか悩んでおります。
ベストアンサーへのお礼 50ポイント
困っている・相談したいペットと飼い主さん
みんなの回答
この質問への回答
並び替え
A
やめた方がよいですよ、てんかんあると普通はしないし、うちのかかりつけの病院は、院長が歯の専門です、総合動物病院ですが、やはり、高齢犬には、積極的治療は、しないそうです、若くても疾病あるとリスク高いとい
回答日 2021/1/27

質問者からのコメント

ご回答ありがとうございます。
高齢で疾患もあるのでリスクはかなり高くなりますよね。手術はやはりあきらめた方が良さそうですね…進行を止める事は難しいと思いますが、少しでも遅らせられるようなんとか頑張り

回答日 2021/2/11
  • このQ&Aをシェアする →

あなたも回答して、困っている飼い主さんペットを
助けてあげてください!

関連するQ&A






あなたのペットにあった質問でない場合にはこちら
フリーワード検索